銀座 夢酒みずき さんりく海風マルシェ

銀座 夢酒みずきは、三陸沿岸で活動される事業者様の商品の魅力を引き出し、販路開拓支援を通じて被災地の生業づくりや起業を支援する一般社団法人さんりく未来推進センターと共同で、さんりくの事業者様と東京・銀座をつなぐイベント「さんりく海風マルシェ」を定期的に開催しています。

さんりくの海の恵みと山の恵み
そして日本酒やワインなどを産直でご提供

独特の地形や潮流によって形成される「海の恵み」や、潮風によって旨みを増す「山の恵み」など美食の宝庫である三陸沿岸地域。生産者や漁師の顔が見える食材を産直でお客様にお届けし、五感を刺激して魅力を伝えています。街中には東日本大震災の爪あとがまだ残る中、笑顔で活動する生産者の日常を『食』を通じて多方面に発信しています。

風景・資源・生産者の想いなど・・・
さんりくの「美味しい心」を届ける

生産者のストーリーや海風に込めた想い、笑顔や苦労といった日常をリアルにお伝えするため、映像機器やスマートフォンを活用してご紹介。また、店内には大漁旗やガラス製のブイ、色々な種類の貝殻や実際に着用しているものなどを展示して現地を訪れているかのような臨場感を演出しています。

地元でしか食されない
知られざる食材を使用したレシピ開発

アカザラガイやアヤボラなど、築地などの市場に出回らない地元漁師さんしか食べていない食材を使用したレシピを開発。ホタテをひと回り小さくしたようなアカザラガイは、貝柱だけを贅沢に使ってコロッケに。地元漁師さんが「つぶ」と呼ぶアヤボラは、さっと火を通してミンチにし、さつま揚げにしました。

PAGE TOP